CDPとの連携で拡がる、メールマーケティング施策の選択肢

BtoBでもBtoCでも、メールマーケティングにおいて必須とも言えるメール配信システム。
今回は、CDPとメール配信システムの連携によってどのようなことが可能になるのかをまとめました。

「メールマーケティング」できていますか?

既存顧客へメルマガ配信を行っている企業は多いですが、メルマガ配信だけがメールマーケティングではありません。メルマガ配信はあくまで、メールマーケティングの一つの手法です。

他の方法としてはたとえば下記が挙げられます。

  • ステップメール
  • 顧客の特定の行動を起点として段階ごとのメールを送る

  • ターゲティング(セグメント)メール
  • 属性などの条件で振り分けた顧客別にメールを送る

  • トリガーメール
  • 顧客が特定の行動をとったら自動でメールを送る

メールマーケティングは、メールを通して顧客とのコミュニケーションを取ることでリードナーチャリングや購買獲得、マーケティング目標の達成につなげたり、より良いブランド体験の提供によって顧客との継続的な関係構築へ貢献したりすることを目的とするものです。

誰にでも同一内容のメールを全く同じタイミングで送信するのではなく、顧客の状態や検討状況などにあわせてメールを送信することが重要になります。

各手法の詳細などは下記記事が参考になります。

メールマーケティングとは何か?メルマガとの違いややり方を解説|お役立ちコラム

メールマーケティングに用いるツール

メール配信機能を持つツールは多く存在しますが、メールマーケティングにおいて利用されるものは主に2つです。

メール配信サービス(システム)

メルマガなど、多人数向けの一斉送信メールを送るためのシステム、サービスのことを言います。メール作成・装飾に必要なエディタ、開封率などの効果測定機能、スケジュール機能、ステップメール機能などが標準で備わっています。

MA(マーケティングオートメーション)

その名の通りマーケティングに関連する作業を自動化し、特にBtoBでは工数削減や効率化に役立つツールです。メール配信システムよりも多機能で、メールを配信する機能も持ったもっと幅広い概念で設計されたツールです。
メール配信システムの標準機能を持つほか、リードとの一対一でのメールを行う、Web上の行動トラッキング、リードのスコアリングなど、リード管理と育成のための機能があります。

本記事では、メール配信機能を持つツールを総称して「メール配信システム」と表記します。

CDPとの連携によるもう一段上のメール施策

定期的なメルマガ以外のメールを送ろうと思うと、メール送信の条件となる顧客の様々なデータが必要になります。そのデータを効率よくメール配信システムへ送れるのがCDP(カスタマーデータプラットフォーム)です。

CDPは顧客データ管理のためのプラットフォームで、様々なシステムやマーケティングツール間でバラバラで管理されているデータを統合管理するデータ基盤です。

CDPについては下記のブログもご覧ください。

CDP(カスタマーデータプラットフォーム)とは何か? – インテブログ

なぜツール連携が必要なのか

メール配信システムだけでは足りないデータ

顧客をセグメントする、ステップメールを送る、などに必要な機能はメール配信システム側が備えていることが多いです。
しかし、既存機能だけでは取得できない情報や対応しきれないケースが出てくるときに、不足する部分を補うのがツール連携となります。

下記はそれぞれのシステムで管理可能なデータの比較表です。それぞれのデータを組み合わせなければできないセグメントやトリガー実行のために、連携が必要となります。

データの例 メール配信サービス MA CDP
Web上(オンライン)の
行動データ
オフラインの行動データ
属性データ
売上データ
広告配信結果
SNSでの行動データ

CDP以外のツールとの連携では?

データを管理するツールという意味ではDWHなどもありますが、それらのツールとの連携ではダメなのでしょうか。
ポイントは「貯めたデータを外部ツールへ適切な形で送信する機能を持っているかどうか」という部分になります。

DWHなどデータベースとしての働きに特化しているツールは、データを他ツールへ渡す部分の機能がなく、さらに別のツールとの連携が必要になることがあります。
CDPは他ツールとの連携を前提として設計されているため、より効率良い連携が可能と言えます。

CDPと似た機能をもつツールとの違いは下記の記事も参考にしてみてください。

データ統合に必要な仕組み Data Lake / ETL / DWH とCDPの構成 – インテブログ

ツール連携することによって実現する高度な施策

ツール連携することによって初めて可能となる、より高度なセグメント、最適なタイミングでのメール施策としては、たとえば次のようなものがあります。

LTVを考慮した顧客セグメントへのメール送信

購買情報や分析による情報をもとにしたセグメント向けに、よりパーソナライズされたメールを送信できるようになります。

オフライン行動も加味したトリガーメールの送信

オンライン行動に合わせたメールはメール配信システム側で完結できる場合もありますが、オフラインの行動をもとにしたセグメントや、オンラインとオフラインの行動を組み合わせたセグメントは難しいことが多いでしょう。
「特定のイベントへ参加し、かつWebで特定の行動をした顧客へメール」の送信や、逆に「実店舗で購入したばかりの商品のメールは送信しない」のように不要なメールを配信しないということもできます。

メール以外のコミュニケーションツールとの連動

CDPがハブになることで、さらに別のツールと連携し、リアルタイム性の高い施策ができます。「特定のメール開封者が店舗近くまで来たら、専用アプリ側にプッシュ通知を出す」のようなことも実現可能になります。

ツールの組み合わせでできることも異なってきます。
重要なのは、メールマーケティング全体の設計の中で、仕組みとして足りない部分の補完、あるいは今までにない施策を行うために、ツールをうまく活用することです。

CDPとの連携事例

ここでは弊社のCDP「INTEGRAL-CORE(インテグラルコア)」と連携済みのメール配信システムを紹介します。

WEBCAS e-mail


INTEGRAL-CORE側で作成したセグメントID情報を自動で送信し、CDP側の細かなセグメントに対するメール送信を円滑に行うことができます。

まとめ

メールマーケティングの目指すところは顧客とコミュニケーションを取ることです。そのためには顧客の正しい情報を用いて最適なコンテンツを最適なタイミングで送る必要があります。CDPとメール配信システムを組み合わせることでよりよい顧客体験を提供し、顧客との関係強化につなげることができます。

弊社ではCDPの提供だけでなく、CDPと他ツールの連携やそれに関連する技術的な問題へのサポートも行っております。

CDP、メール配信システムに関する課題は弊社へお気軽にご相談ください!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket