CDP「INTEGRAL-CORE」が機能を強化!分散した顧客データを統合・名寄せし一人の顧客像を描き出す、シングルカスタマービュー(SCV)機能を実装

CDP「INTEGRAL-CORE」シングルカスタマービュー機能実装

こんにちは、野口です。

今回は次世代顧客データ基盤(CDP)INTEGRAL-COREの新機能、分散した顧客データを統合・名寄せし一人の顧客像を描き出す『シングルカスタマービュー(SCV)機能』について解説をします。

昨今、DX(デジタルトランスフォーメーション)データ活用OMOなどのキーワードが大きく注目されており、その中心的役割を果たすカスタマーデータプラットフォーム(CDP)への関心度も非常に高くなっていると感じています。
あらゆるコト・モノがデジタル化されデータになる時代を迎えるからこそ、各所に分散する顧客データを統合的に管理する事がさらに重要になっていくことでしょう。

顧客データ活用の基盤となるCDPが分散した顧客データからどの様に顧客像を描き出すのか、ぜひご覧ください。

CDP「INTEGRAL-CORE」とは?

CDP(カスタマーデータプラットフォーム)とは、顧客一人ひとりの属性やオンライン上の行動履歴、実店舗などオフラインの行動データ、広告配信データなどを収集・統合するための顧客データ基盤(次世代DMP)です。
マーケティングツールが爆発的に増え、データのサイロ化によって見えにくくなった顧客像を明確にするために生まれたツールです。

私たちが提供するCDP「INTEGRAL-CORE」は国産唯一のCDPです。
CDPにカテゴライズされている製品のいくつかは、顧客データの収集・統合だけでなくメッセージ送信や分析などマーケティングのアクション機能まで有するものがあります。
INTEGEAL-COREは前述した様な直接的なアクション機能は持っておらず、収集したデータを統合して他ツールへパスをするベーシックな機能を提供しています。

新機能「シングルカスタマービュー機能」について

シングルカスタマービュー(SCV)機能は「分散した顧客データを統合・名寄せして一人の顧客像を描き出す」機能です。この機能はCDPの中心的な役割を果たす機能ですが、まだ実装されていないCDP製品も多く、業界的に呼び方もまちまちです。カスタマー360度ビューや、顧客の360度ビューと言った呼ばれ方もしています。

企業がWebサイト上での行動ログや興味関心データ、リアルでの行動データなど、様々な顧客データを収集して可視化をするためには、事前にそれらを紐づけるための「顧客マスタ(基本情報)」を用意する必要があります。

対象となる顧客マスタが1つだけであれば管理はそこまで難しくありませんが、店舗やブランドが複数存在したり、顧客との接点となるチャネルが複数存在する場合、それぞれが顧客マスタを持っており、別々の項目を扱うケースでは状況が異なります。

いざデータを統合しようと思っても、項目名が共通化されていなかったり、入力ルールが定められていなかったり、データの成形で非常に苦労します。

INTEGRAL-COREが提供するSCV機能は、簡単な事前設定とデータの取り込み作業だけで、対象となる複数の顧客マスタを連結させ、さらに名寄せによって一人の人物データとしてより具体的な顧客像を作り上げます。

顧客データの統合と名寄せによるSCVの生成

では実際にINTEGRAL-COREのSCV機能でどの様な事が出来るのか具体的に見ていきましょう。

複数マスタの連結・名寄せ

対象となる顧客マスタがA、B、Cと3つ存在するとします。

シングルマスタービューの参考例

お分かり頂けますでしょうか?データ構造が異なったり表記揺れがあったりする複数の顧客マスタから、統合された1つの顧客マスタを創り出します。この統合された顧客マスタデータこそがシングルカスタマービュー(SCV)です。

SCV機能のコンセプトは「一人の人物として扱われるべきデータを、より正しく一人の人物として扱う」という事です。しかもそれを、なるべく自動的に、無駄な手間なく、データを放り込むだけで、より正確に実現する事です。

詳しい方は見てわかる通り、INTEGRAL-COREが提供するSCV機能では、行(レコード)単位の名寄せと、列(カラム)単位の名寄せを同時に提供します。行単位の名寄せとは「同一人物で有るべき人物を如何に同一人物とみなすか?」という機能であり、列単位の名寄せとは「どのマスタのデータが正しいデータなのかを見極める」機能になります。

データの状態によって同一人物と特定出来なかったり、AとBのマスタで(性別や電話番号など)データが異なる場合にどちらのデータを正とするか?とう難しい問題はまだまだありますが、その方法や機能や精度は今後も随時アップグレードしていきます。
今回も複数のアプローチを既に取っていますが、今後は機械学習(AI)などで更にデータ統合と名寄せの精度を上げていく計画です。ご期待ください。

SCV機能で何ができるのか?

ブランドやチャネルやツール毎に分散した顧客情報を統合・名寄せし一人ひとりの顧客像を描き出すSCV機能。この機能によって何が出来、どんなメリットがあるのでしょうか?

私達はまずこの機能によって「より一人ひとりの顧客を理解する事ができる」と考えています。「だから何?」と思う人もいるかもしれません。
たしかに、データ活用にはコストを下げたり、コンバージョンを上げたりする様な直接的ベネフィットをもたらす活用法もあります。しかし、一人ひとりの顧客を理解することによって顧客体験を向上させる事は、それと同等かそれ以上に重要な顧客データの活用法だと考えています。

顧客体験を向上させるというのは簡単に言えば、サービスを向上させるという事です。
データを活用し商品やサービスそのものの質≒価値を向上させる。一人ひとりの顧客をより理解する事で、売上を上げる費用を下げるだけでなく、商品の価値を向上させる事ができるはずです

「30代、男性、スポーツ好き」という顧客データが「36歳、男性、サッカーとバスケットボールが好き」の様に既にある項目に詳細な情報が追加されたり、「41歳、男性、メールアドレス」だけだった顧客データが「41歳、男性、メールアドレス、世帯情報、年収、居住地域」の様に、自社で埋もれて活用できていない他の顧客マスタから別の項目を加えて紐付けたり、データから顧客像が描きだされることで新たなアプローチ方法を検討することが可能になります。

最後に

CDPの本質的な機能アップと言えるシングルカスタマービュー機能についてご理解いただけたでしょうか。INTEGRAL-COREは今後もこれらの機能開発や強化を継続的に行います。

顧客データの統合については自社のデータに置き換えた際、「具体的にイメージができない」「自社のデータでもできるのか」など多くの疑問が出てくるかと思います。まずはデータ統合・活用方法についてのディスカッションでも構いません。お気軽にお問い合わせください。

資料請求は こちら からどうぞ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket