CDP CDP

近年、市場拡大を競い合うマーケターが扱うデータの量は猛スピードで増加しています。 そして、相次ぐテクノロジー革新により、その情報量は今後も「爆発的に」増加していくことが予想されています。 それでは、情報の爆発とともに、2018年以降のマーケティングの世界はどう変化していくのでしょうか?

データの増加に伴い、有用なテクノロジーが多く開発することになりました。 しかし、そこで次なる課題になるのだが、データのサイロ化。 つまり、各ツールごとにデータが分断されている縦割りの状況です。 それらのデータをしっかり共有、連携させるためには、データのプラットフォームが必要になるのです。

すべてのツールが縦割りの状態。

ツールごとにに顧客データを処理をしているだけで それぞれのツールが連携されていない。

収集・処理・公開までをCDP上ですべて共有。

すべてのツールが連携でき、効率的な状態!

CDPを活用することで、顧客の情報をしっかり整理し、より迅速なアプローチが可能となります。 これまで以上に、幅広い検証が可能となり、PDCAサイクルのすぴーどを上げることができます。 CDPがこれから担うものは、4Rコミュニケーションと呼ばれる新しい顧客との接触方法です。

マンガダウンロード、資料請求

ご不明点・ご質問はお気軽にお問い合わせください。

弊社の 個人情報に関する取り組み についてご確認いただき、同意いただける場合はチェックをしてください。

確認

本当に送信しますか?